【相対目標と絶対目標】

 | 

こんにちは。

目標達成コンサルタントの株式会社マクレス田中直樹です。

今回は、「相対目標と絶対目標」です。

 

相対“評価”と絶対“評価”という言葉は聞いたことがあると思いますが、相対“目標”と絶対“目標”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

ある意味、評価と目標という言葉の違いはありますが、相対と絶対という基準の違いの話です。

 

まずは、わかりやすく、「○○評価」を確認してみましょう。

 

相対評価・・・一定の集団内における個人の学力の相対的地位を表す評価の方法。(大辞林 第三版より)

➡上記は、学力としていますが、評価の対象である物や人、チームが、ある一定のグループや多数の中で競い合い評価されることになります。

 

全体の中の立ち位置、順位

 

例)金メダルを取った、最優秀賞を取った、〇〇大会優勝した、学期末試験全校〇位だった、評価Aランクに入った

 

絶対評価・・・教育目標の達成度を評価する方法。
カリキュラムの目標などを規準として個々の児童生徒の達成度をはかるもの。(大辞林 第三版より)

➡上記は、教育に限っていますが、教育に限らずとも、ほかの物や人などに影響されない評価です。

 

個々の達成度の評価

 

例)マラソン大会○時間〇分を切った、打率〇割達成した、Goalを〇点取った、100点満点中○○点を取った

 

このように評価とは、教育だけに限らず、何らかの行動の結果となります。

 

一方で、目標はご承知の通り、目指すものです。

 

相対目標、絶対目標に関しては、上記の「評価」という言葉を「目標」に置き換えるとわかりやすいです。

 

その中でも、相対目標は、未来形であり、願望であり、何より相手がいます

 

一方で、絶対目標は、自身でコントロールができる、自分との闘いのイメージになります。

 

さて、更に、掘り下げましょう。

 

相対目標を達成させる為の絶対目標

 

相対目標➡全国優勝したい

絶対目標➡自身の実力を上げたい

 

例)ストレートを150㎞のスピードで投げる➡毎日シャドウピッチング100球
腹筋を強化する➡毎日、腹筋100回

これは、勿論一例です。

 

こうした、絶対目標を達成したら、必ず相対目標を達成できるわけではありませんが、必要条件にはなります。

 

この、相対目標と絶対目標について、どう理解するかといいますと、相対目標を達成させたい場合でも、絶対目標が重要で、その目標を積み重ねると達成に近づくということです。

 

例のように、「全国大会優勝」という目標を設定したチームのメンバーは、勿論、優勝が最終目標になります。

 

これは、競争相手がいて、その相手に競い合って勝って掴み取る訳で、勝負に勝つことが目標です。

 

そして、その順位を目指すのが相対目標です。

 

ただ、そのGoalである相対目標を達成させる為には、その目標達成の為にメンバー一人一人が、その相手に勝つために必要であると決めた力をつける、又は向上させないといけません。

 

要は、マイルストーンである絶対目標を毎日コツコツと行うことで、レベルを上げていき、そのプロセスをクリアすることを繰り返しながら、更にレベルを上げそれに近づいて行く訳です。

 

つまり、Goalである夢や目標には、相対目標と絶対目標があり、相対目標を目指す場合であっても、日々行うマイルストーンである絶対目標を積み重ね無いと、叶わないものでもあります。

 

また、スポーツなどでは、体力強化、技術向上、メンタル強化など、直接プレーに関わることの強化向上は勿論ですが、マナーや礼儀などをしっかり身につけ、人間性の向上も一緒にレベルを上げることも重要です。

 

勿論、ビジネスなどでの社内コンペなども同じロジックです。

 

話を戻しますが、目標を達成させる為のメカニズムを理解し、今取り組んでいることの意味が腹落ちし、やるべきことをやることで、相対目標であっても絶対目標であっても、最終目標であるGoalに近づけることができます。

 

あなたも相対目標、絶対目標に関わらず、最終Goalを達成する為の絶対目標を日々コツコツとこなしてください。

 

そのサポートも致します。

 

是非、ご相談ください。

お問い合わせ

では、また