企業コンサルティング・経営顧問

このような想いをお持ちではありませんか?

社員・会社全体の目標達成意識を上げたい

会社を次のステップへ進めたい

管理職意識やマネジメント能力を向上させたい

新しい発想を会社に取り入れたい

信頼されるリーダー・管理職を育成したい

会社全体で会社を盛り上げていきたい

落ち込んでいる業績を回復させたい

離職率を下げたい

信頼できる・理解ある相談者がほしい

売上の予測と実績の乖離で起こる投資リスクを最小限に抑えたい

マクレスの企業コンサルティング・経営顧問

統計上、黒字経営の会社は外部に相談者がいることが多くなっています。

自分のことをよく理解してくれる優しい身内に相談するのも良いですが、経営者様の思う方向に行くためには第三者に「声にだして」話をしたり、「自分の悩みを相談する」ことがとても大事だとマクレスでは考えています。

 

マクレスの経営コンサルティングは、マンダラチャートでの目標設定を軸とし、GCS認定コーチ、交渉アナリスト、アンガーマネジメントファシリテーターとしてのスキルを活かし、コーチング・コンサルティングを行います。

「コーチング・コンサルティング」一般的なコンサルタントとの違い

一般的なコンサルタントに対し、このような不満をお持ちの方が多いとお聞きします。

  • 大企業では可能かもしれないような、自社にマッチしない提案ばかりで意味がない。
  • 市販本に書いてあるような、誰かの受け売りのようなコンサルティングで意味がない。
  • 毎回きれいな書類を持ってくるが、内容がない。
  • コンサルタントの言う通りに行動を実践しても社員がついてこない
  • 態度が悪い。偉そう。
  • 今すぐ〇〇すべき、と、一方的に提案を押し付けてくる
  • カタカナや専門用語を連発し、何を言っているのか理解できない
  • 知識ばかりで社会経験がなく、実践的でない
  • 料金がとにかく高い

マクレスでは実は、一般的なコンサルティングとは違った、コーチング概念を大切にした経営コンサルティングを行っています。

コーチングは、経営者様がなりたい自分、つくりたい会社をつくるための行動を促す「コミュニケーション」です。

対するコンサルティングは、問題解決するために、コンサルタントが経験に基づいたアドバイスをしながらクライアントがそれを実行するという構図で成り立っています。信頼のないコンサルタントが一方的に経営者にアドバイス・提案をするからこそ、先ほどのような不満が多く上がっているのです。

 

マクレスの「コーチング・コンサルティング」は、決して一方的なものではなりません。先述の通り双方の「コミュニケーション」で成り立っています。

マンダラチャートによるコーチング

マンダラチャートを使用して、目標を達成させるための具体的行動を作り、行動計画に落とすことで、目標達成をより精度の高いものにしていきます。

POINT大谷翔平他、一流アスリート、多くの経営者が実践している「マンダラチャート」。目標達成の最短ルートを見つけるために最適なツールです。

 

目標発見

自身のやりたいこと、なりたい自分(目標)を具体的に詳細に設定します。

現状把握

設定した目標を実現するために必要な事柄を抽出します。これが自分の現状把握にもつながります。

プロセス設定

現状把握ができたら、それを達成するための方法、行動、を設定します。

行動

いつ何をどれだけやるかを決め、一歩を踏み出します。

マクレスの「コーチング・コンサルティング」

マンダラチャートによるコーチングにより、経営者様が本当にやりたいことや、「ありたい姿」が炙り出されます。

そしてしっかりとしたコミュニケーション。やりたいこと、ありたい姿の光景を、何度も何度も具体的にイメージします。

より具体的、よりワクワク度が高いイメージほど、ありたい姿、なりたい自分の実現に近づけます。

 

コーチングで決めた目標達成の行動に導く為、クライアントとの質疑の中から問題点を抽出し、表現し、時には壊し反論を交えながら組み立て、最終的に解決策へと導く役回りと実行の伴走を行います。

悩みや迷いを一緒に解決

経営者としての悩みや迷いを一緒に解決、改善するために取り組んでいきます。

目標達成の為の行動を実行

新しい視点から目標を見出し、目標達成の為のストーリーをつくり一緒に実行に移していきます。

きめ細やかなコンサルティング

目標を実行するにあたり、リソース、行動のアイディア、スケジュールのアドバイスなど、ご本人の希望に応じて、コンサルティングを行います。

「コーチング・コンサルティング」は、共に信頼関係が無いと成立しません。

また、経営者と従業員との信頼関係も重要だと考えています。

従業員の方にも同様なコーチング、ヒアリングを行い、サイレントマジョリティーだけでも情報が収集できるとさらに信頼関係を構築できる精度を高めることができます。

 

もちろん、従業員の方に向けたマンダラチャートの活用もおすすめしています。

従業員一人ひとりが目標設定を行い、個々の生産性を上げることができます。

また、プロジェクトにマンダラチャートを導入することでプロジェクト成功のための道筋を見える化することができ、役割分担や課題発見につなげることができるので大変おすすめです。

 

株式会社マクレスは、貴社の「一員」という認識で取り組んでいくことをお約束いたします。

初回相談無料です

お気軽にお問い合わせください

コンサルタント紹介

Consultant

田中直樹

サラリーマン30年、うち管理職を20年経験。
FC本部の地域拠点として、また、拠点責任者として、予算の作成、損益計画の管理、販売管理費の統制、出店目標予算管理、直営店損益管理、及び実務を含めた部下の現場同行教育、部下育成業務に従事。
自分のコーチングスキルを上げることで、少しでも会社や部下たちの成長に役立てられたら、と、サラリーマン時代にGCS認定コーチ、交渉アナリスト1級、アンガーマネジメントファシリテーター、マンダラチャート認定講師の資格を取得。
2019年株式会社マクレス設立。北海道札幌を中心に、マンダラチャート認定講師としてマンダラチャートセミナーや企業研修、経営コンサルティングを行う。