【夢、目的と目標について】

 | 

こんにちは。

 

目標達成コンサルタント・アドバイザーの株式会社マクレス田中直樹です。

 

今回のテーマは、「夢、目的と目標について」 です。

 

あなたは、夢・目的と目標の違いというのはご存知でしょうか?

 

一般的には、

「夢=叶えたいこと」

「目的(地)=そうしたいこと(行きたいところ)」

「目標(値)=達成したいこと(成果)」

などのイメージが強いかもしれません。

 

広辞苑によると

 

【夢】睡眠や幻想の意味を除くと4つ目に

④将来実現したい願い。理想。

とあります。

 

【目的】 ①成し遂げようと目指す事柄。行為の目指すところ。意図している事柄。

②意志によってその実現が欲求され、行為の目標として行為を規定し、方向づけるもの。

と書かれています。

 

【目標】 目じるし。目的を達成するために設けた、めあて。的(まと)。

と解釈しています。

 

長々と書いてしまいましたが、

 

ということは・・・

 

夢=「実現したい願い、理想」と捉えられ

 

目的=「目標を方向づけるもの、目標を達成して得られるもの」

 

やはり夢、目的は、「ありたい姿、なりたい姿」であり

 

目標=「目的を達成するために設けためあて」であるので、

目標は、「ありたい姿、なりたい姿に必要なもの・こと」と理解するとわかりやすいです。

 

もっと言うと、自分の夢・目的(ありたい姿)を叶えたいから、目標を決め進んで行くという理解をすると良いです。

 

例えば、オリンピックで「金メダルを取りたい」というのは、目標ですが、「金メダルを取ってどうしたい・どうなりたい」が、夢・目的です。

 

金メダルという実物が欲しい!

 

金メダルをとって、オリンピック史に名前を残したい!

 

金メダルを取って、大観衆の前で表彰されたい!

 

金メダルを自分の人生の一生の宝ものにしたい!

 

金メダルを取って、メディアから注目を浴びたい!

 

金メダルを取って、その競技の発展に努めたい!

 

などなど、百人、百通りでしょう。

 

逆に言うと、金メダルを取った暁にはこんなことをしたい、こんな風になりたいという夢・目的の為に「金メダルを取る」のが目標だということです。

 

自分が「どんなことを叶えたいか」という単純な私欲でも正直で良いですし、社会に「どんな貢献をしたいか」ということでも良いです。

 

など、其々が考える「どんな○○」が、潜在的な「ありたい姿・なりたい姿」です。

 

夢・目的や目標の言葉意味や役割を理解することで、目標を達成するモチベーションも違ってきます。

 

壮大な人生の夢・目的、目標でなくても構いません。

 

是非、夢・目的、目標を理解して、できれば今でいう100歳(亡くなるとき)までに、自身の豊かな(満足した)人生、将来を考え、行動することをお勧めします。

 

一番いけないのは、夢、目的、目標はあるけど、行動しないことです。

 

まず、一歩から、行動しましょう。

 

それだけで人生が変わる可能性が高いです。

 

あなたの人生の夢・目的は何ですか?

 

それを叶えるための目標は何ですか?

 

無い方は、是非ご相談ください。

https://macress.co.jp/contact